タニクニタ

夫婦でブログを更新しています。多肉植物・観葉植物・ガーデニング・アクアリウムを中心に日常の出来事など気ままにマイペースな更新ですが、どうぞ宜しくお願いします。



アヌビアスナナのみで水草レイアウトを考慮

こんばんは。

我が家の水槽内で増え続けるアヌビアスナナですが、もう少し綺麗にレイアウト出来ないかと思い、ちょっと試してみた事を紹介します。

初めに

うちのアヌビアスナナはマルチリングを使い沈めています。

cjchg713.hatenablog.jp

このマルチリングを採用してから、水槽掃除の際の仮移動と復旧がとても楽になり満足しております。

水草レイアウトの基本は後ろの方に行くにつれ背丈の高い水草を植えるのですが、現状はウィローモスアヌビアスナナしかありません。

この2種はとても丈夫な上、お手入れも楽なもので…。

今回はこのアヌビアスナナの奥側を高い位置に配置できないかという案です。

 

before

対策前アヌビアスナナの状況です。

f:id:cjchg713:20200223181049j:plain

30株はあります。

 

使用したグッズ

例のごとく100均を徘徊しなにか代用できる物はないかと探して参りました。

生体のいる水槽に入れる物なので、塗料や接着剤、または釘、ホッチキスなどは出来るだけ使用されていない物をチョイス。

こちらです。

f:id:cjchg713:20200223181054j:plain
f:id:cjchg713:20200223181057j:plain

ダイソー産、園芸コーナーよりカラスよけネット。トゲの長さは5cm~6cm程度でしょうか。裏側は凹凸なく平坦です。

 

プラスチック製なので生体への影響もなく安心して使えそうです。

こちらをハサミで都合の良い形状に切り分けます。

f:id:cjchg713:20200223181102j:plain

トゲが下になるようにし、平坦な面にアヌビアスナナを置いて使用してみます。

 

レイアウトは前景は今まで通りソイルの上へ直置きし、後景にこれを使用し高い位置に配置します。

 

after

設置後の様子

f:id:cjchg713:20200223181108j:plain

いかがでしょうか!盛った様な見た目になりました(笑)

森感が出てます(笑)

 

手前が生い茂っているので架台のカラスよけネットも気にならずいい感じではないでしょうか!

注意点はこのカラスよけネットは水に浮きます。

うちの場合、上に乗せたマルチリングの重みで沈みましたが、使用をご検討の際は対策が必要です。

まずまずの出来に満足したのでしばらくこれで行こうかと思います。

では👋